⑥ペットと暮らしたい人へ

賃貸物件の場合はとくに注意が必要

犬や猫などのペットを飼っている人は、とくに賃貸の場合は「ペット飼育可」物件かどうかをチェックしなければなりません。どんなに気に入った場所、間取りの物件が見つかったとしても、そこがペット飼育不可であれば借りることはできません。小脇に抱えられるくらい小さくて全然吠えない犬だから…などとこっそり飼っていたことがバレてしまったら大変なことになります。
また戸建の場合は、自分の家で飼っていなくても猫にエサをやったりすることが問題になることもあるそうです。何となく猫が居ついてしまうと、近隣の家に猫が糞をしたり、子どもを産んでしまったりすることがあるからです。最初からペットを飼うつもりの方は、ペット可能な物件だけを紹介してもらう方が効率よく家さがしができるでしょう。

規約はしっかりと守るべき

ペット飼育可能な物件だからといって、どんな動物でも飼っていい、何匹でもOK、というわけではありません。「小型犬のみ」「猫のみ」など動物の種類を限定されている場合もあれば、「○匹まで」と頭数を限定している物件もあるみたいですよ。
マンションなど集合住宅の場合は一件でも例外を作ってしまうと、後々厄介なことになる場合が多いため、貸主さんは例外を作ることを嫌うものです。規則は規則として守らなければならないものと思っておいた方が良いかと思います。

ただ、戸建の場合は大家さん次第で交渉の余地があるかもしれません。築年数が古く、そろそろリフォームを考えているような物件であれば、今までペット飼育不可であっても交渉次第でOKが出ることもあります。また戸建の場合は、自分の家で飼っていなくても猫にエサをやったりすることが問題になることもあるそうです。何となく猫が居ついてしまうと、近隣の家に猫が糞をしたり、子どもを産んでしまったりすることがあるからです。
最初からペットを飼うつもりの方は、ペット可能な物件だけを紹介してもらう方が効率よく家さがしができるでしょう。

こちらのペット暮らしマニュアルはいろいろと参考になります。ペットと暮らす際の注意点や、しつけなどについても書かれてありますよ。
【ペットの暮らしマニュアル】https://cbchintai.com/manual/pet/point02/

犬や猫はだめでも他の動物ならOK?

ペット飼育可能な物件でも、許可なく勝手に飼い始めることは基本的にはできません。
ほとんどの物件は規約に、「犬や猫などを飼う場合には書面による申請や承諾が必要」などという一文が入っています。またそこに「近隣に迷惑を及ぼす恐れのない小鳥、魚などを除く」などと書かれていることもあります。
これに関連してよくある質問が、ペット不可の物件でも飼えるものはどの範囲までか?というものです。例えば子どもが採ってきたカブトムシ、クワガタなどを飼育するのもダメ、という物件はさすがにありません。では、小鳥は?ハムスターは?など、どんどん範囲が広がるといったいどこまでいいのか…?と疑問がわいてしまうもの。
後々トラブルになることを避けるためには、事前に不動産仲介業者さんにしっかりと確認しておくことが大切です。

ちなみに・・・ハムスターを飼っているわたし。わたしも最初はハムスターってペット飼育可マンションじゃないと飼えないのかな?と気になっていました。不動産屋さんに聞いてみるとマンションの管理組合や管理会社によって規定などは異なるみたいでしたが、きちんとゲージに入れて飼育するのであれば、大丈夫との答えをいただきました。
契約書によっては「 猛獣、毒蛇など、明らかに近隣に迷惑を及ぼす恐れのある動物の飼育や、一時的な持ち込みは禁止とする。」「犬、猫などの動物の飼育や、一時的持込みは書面による承諾が必要。(ただし、近隣に迷惑を及ぼす恐れのない観賞用の小鳥、魚等を除く)」などといった規定がされているものもあるようです。

写真は我が家のマロンちゃんです。とっても可愛いのです!小学生のうちの子もいつも面倒を見てくれています^^

⑦『敷金礼金って何?』をみる▶︎▶︎